皆の本棚にあるタグ「ドイツ観念論」の本

ドイツ観念論
ドイツ観念論(ドイツかんねんろん、ドイツ語: der deutsche Idealismus)は、18世紀末から19世紀半ばにドイツの主にルター派地域において展開された哲学思想である。 ドイツ古典主義哲学やドイツ理想主義哲学とも呼ばれる(これらのような呼称にした場合、該当する思想家が若干異なることがある)。マルクス主義を国家理念の嚆矢とした国々では、ドイツ固有で且つ労働者外的な思索だという意味づけでドイツ市民的観念論(独: der deutsch-bürgerliche Idealismus)と呼ばれたが現在この呼称は廃れている。後述するが、これらの名称は19世紀後半からの哲学史研究のなかで生じたのであり、ドイツ観念論に分類される思想家たちが、こうした名称を用いたわけではない。 イマヌエル・カントの批判哲学およびそれに対するフリードリヒ・ハインリヒ・ヤコービの批判に刺激され、神または絶対者と呼ばれる観念的原理、の自己展開として世界および人間を捉えることをその特徴とする。