皆の本棚にあるタグ「デリバティブ」の本

デリバティブ
金融理論におけるデリバティブ(英: derivatives)とは、より基本的な資産や商品などから派生した資産あるいは契約である。金融派生商品(英:Financial derivative products) とも言われる。 デリバティブとは、基礎となる商品(原資産)の変数の値(市場価値あるいは指標)によって、相対的にその価値が定められるような金融商品をいう。デリバティブ取引は、債券や証券(株式や船荷証券、不動産担保証券など)、実物商品や諸権利などの取扱いをおこなう当業者が、実物の将来にわたる価格変動を回避(ヘッジ)するためにおこなう契約の一種であり、原資産の一定%を証拠金として供託することで、一定幅の価格変動リスクを、他の当業者や当業者以外の市場参加者に譲渡する保険(リスクヘッジ)契約の一種である。