皆の本棚にあるタグ「タリバン」の本

タリバン
『ターリバーン』より : ターリバーン(طالبان、Tālibān、英:Taliban)は、パキスタンとアフガニスタンで活動するイスラム主義運動。1996年から2001年11月頃までアフガニスタンの大部分を実効支配し、アフガニスタン・イスラーム首長国(ターリバーン政権)を樹立した(国際的には一部国家を除いて承認されず)。日本語メディアでは通常タリバン(またはタリバーン)と表記される。 ターリバーンの創設者で最高指導者はムハンマド・オマルで、2001年の政権崩壊以降は消息不明であったが、2015年7月に、2013年4月に死亡していたことが確認された。後継の最高指導者はアフタル・ムハンマド・マンスール。 ターリバーンは、ソビエト連邦のアフガニスタン侵攻(1979年~1988年)後の長年の内戦の中から生まれた武装勢力。パシュトゥーン人の割合が多い。ソビエト連邦に支援されていた共産主義政権を打倒したムジャーヒディーンたちが内輪もめから再び戦闘を始め、アフガニスタンが無秩序、無法状態に陥っていた。