皆の本棚にあるタグ「スエズ動乱」の本

スエズ動乱
『第二次中東戦争』より : 中東戦争の全体については、中東戦争を参照 第二次中東戦争(だいにじちゅうとうせんそう、ヘブライ語: מלחמת סיני‎、アラビア語: العدوان الثلاثي‎)は、エジプトとイスラエル、イギリス、フランスがスエズ運河を巡って起こした戦争。スエズ動乱、スエズ危機、シナイ作戦、スエズ戦争などとも呼ばれる。 背景 スエズ運河 スエズ運河はフランスおよびエジプト政府による資金援助で1869年に開通した。しかし、この建設費負担の為にエジプトは財政破綻し、エジプト政府保有株はイギリスに譲渡された。エジプトはイギリスの財政管理下におかれ、後に保護国となった。運河はイギリスにとってインド、北アフリカおよび中東全体への戦略上重要な地点であり、その重要性は2つの世界大戦によって証明された。第一次世界大戦時、運河は英仏によって同盟国側の船舶通航が禁止された。第二次世界大戦時は北アフリカ戦役において粘り強く防衛された。 エジプト革命 1952年に軍事クーデターで政権を掌握した自由将校団は、ナギーブ将軍を大統領に擁立すると、翌年に国王を退位させ共和制へと移行させた。