皆の本棚にあるタグ「シーレーン」の本

シーレーン
シーレーンとは、一国の通商上・戦略上、重要な価値を有し、有事に際して確保すべき海上交通路のことである。英語の類義語はSLOCs(Sea Lines of Communication)である。 元々、海の上にきまった通航路があるわけではなく、航海が一般化するにつれて、ほぼ一定した航路のようなものが自然に形成されるようになり、そうした海上交通ルートを陸上の小途になぞらえたものがシーレーンである。また、シーレーン防衛上、その要衝となる地点をチョークポイントという。海洋国家にとって、シーレーンの安全保障は最重要課題であり、また交易国との経済交流は相互の経済発展において不可欠である。 日本の場合 日本も四辺を海に囲まれた島国であり、海岸線の長さは北方四島を含めると4842海里、つまり8967.496kmに及び世界第7位、排他的経済水域の面積は3861.1万km²に及ぶ。