皆の本棚にあるタグ「ゴラン高原」の本

ゴラン高原
座標: 北緯32度58分54秒 東経35度44分58秒 / 北緯32.98167度 東経35.74944度 / 32.98167; 35.74944 ゴラン高原(ゴランこうげん ヘブライ語: רמת הגולן‎、英語: Golan Heights, アラビア語: هضبة الجولان‎)は、イスラエル、レバノン、ヨルダンおよびシリアの国境が接する高原である。以前はシリア高原と呼称されていた。 シリアおよび国際連合は同高原をアル・クナイティラの施政区域(クネイトラ県)の一部であると考える。シリアの砲台のある土地であったために、イスラエルは第三次中東戦争以降同地の占拠を続け、「ゴラン高原」の用語の使用に反対を示している。 帰属問題 イスラエル国防軍が1967年から1981年まで占領して軍政下に置き、後にクネセトによってゴラン高原法に基づく民政下に置かれた。イスラエルを除く当事国、および国連のどちらもこれを認めていない。国連安全保障理事会が決議497「イスラエルの併合は国際法に対して無効である」旨を採択し、同地がイスラエルによって不当に併合されたシリア領であるという見解が固定化した。