皆の本棚にあるタグ「コンビニ」の本

コンビニ
『コンビニエンスストア』より : コンビニエンスストア(英: convenience store)は、年中無休で長時間の営業を行い、小規模な店舗において主に食品、日用雑貨など多数の品種を扱う形態の小売店である。略称は「コンビニ」「CVS」などで、これらの略称が定着する前の1980年代以前には「コンビ」「深夜スーパー」などという呼び方もされた。 多くの場合、大手資本によるチェーン店舗として展開されている。 日本の経済産業省の商業統計での業態分類としての「コンビニエンスストア」の定義は、飲食料品を扱い、売り場面積30平方メートル以上250平方メートル未満、営業時間が1日で14時間以上のセルフサービス販売店を指す。日本経済新聞の2014年度の調査では、国内市場が初めて10兆円を超える規模に成長し、トップシェアのセブン・イレブンジャパンをはじめ上位3社だけで約8割のシェアに達したことが明らかになった。 なお、コンビニエンスストアという名称における「コンビニエンス」については、本来は“日用に供する食品・商品=コンビニエンス商品を扱う店”という意味であったが、日本では“利便性=コンビニエンスの店”と一般的に解釈されている。