皆の本棚にあるタグ「コサック」の本

コサック
コサック(哥薩克、ウクライナ語: козак)は、ウクライナと南ロシアなどに生活していた軍事的共同体、またはその共同体の一員である。 コサックの起源については不明な点が多い。15世紀後半にコサックは、ウクライナの中南部、「荒野」という草原地帯で発祥し、ドニプロ川の中流を中心とするザポロージャ地方に根拠地を築いた。16世紀にコサックの一部はドン川の下流に移住し、そこで新たな根拠地を創立した。それらのコサックはザポロージャ・コサックとドン・コサックと呼ばれ、コサック諸軍の中で最古軍であった。初期のコサックは、没落した欧州諸国の貴族と遊牧民の盗賊によって構成され、河川が豊かな土地を有する自治共同体を編成し、黒海・アゾフ海の北岸地帯で略奪行為を行い、東欧におけるキリスト教の世界の先隊としてイスラムの諸勢力と戦った。 16世紀後半にコサックは隣国の保護を受け、正式な軍団として公認された。ウクライナのザポロージャ・コサックはポーランド・リトアニア共和国に属するようになり、ドン・コサックはロシア・ツァーリ国に依存するようになった。