皆の本棚にあるタグ「クリミア戦争」の本

クリミア戦争
クリミア戦争(クリミアせんそう、英語: Crimean War、フランス語: Guerre de Crimée、ロシア語: Крымская война、トルコ語: Kırım Savaşı)は、1853年から1856年の間、クリミア半島などを舞台として行われた戦争である。 フランス、オスマン帝国およびイギリスを中心とした同盟軍及びサルデーニャとロシアが戦い、その戦闘地域はドナウ川周辺、クリミア半島、さらにはカムチャツカ半島にまで及んだ、近代史上稀にみる大規模な戦争であった。 この戦争により後進性が露呈したロシアでは抜本的な内政改革を余儀なくされ、外交で手腕を発揮できなかったオーストリアも急速に国際的地位を失う一方、国を挙げてイタリア統一戦争への下地を整えたサルデーニャや、戦中に工業化を推進させたプロイセンがヨーロッパ社会に影響力を持つようになった。