皆の本棚にあるタグ「インド人」の本

インド人の名前
インド人の名前は、さまざまな名付けの方法と伝統に基づいており、地方ごとに異なっていて多様である。また、宗教や社会的位置(いわゆるカースト)によっても異なる。インドという領域が、多くの言語や世界中の主立った宗教を内包しているため、名付けに関して時に微妙で紛らわしい違いを生むことになっている。 名の種類 多くのインド人は、「個人名・副名」あるいは「個人名・中間名・副名」という形の名前を持っている。副名は、家族名、神名、父名など、付け方が多様である。副名は相手を敬意を込めて呼ぶ時に用いられることもあるため、会話の時には、たとえばヒンディー語の場合、日本語の「様」にあたる「ジー (जी ; -ji) 」 (主にヒンドゥー教徒の間で用いられる) や、「サーハブ (साहब् ; -saheb) 」「サーヒブ (साहिब् ; -sahib) 」 (主にイスラム教徒の間で用いられる) といった敬称が付けられる。