皆の本棚にあるタグ「イングランド銀行」の本

イングランド銀行
イングランド銀行(イングランドぎんこう、英: Bank of England)は、イギリスの中央銀行。正式名称は「Governor and Company of the Bank of England」となる。 本店がシティのスレッドニードル通りに所在するため、「スレッドニードル通りの老婦人」とも呼ばれる。過去には「英蘭銀行」とも書かれた。 創立時は大同盟戦争とウィリアム王戦争、そしてザームエル・オッペンハイマーの活躍する大トルコ戦争のさなか。当時は政府への貸付を主要な業務とする商業銀行であった。また、政府を通してイギリス東インド会社、ハドソン湾会社などへも貸付を行っていた。中央銀行となるのはピール銀行条例以降である。 1701年と1751年の株主層は概観が分かっている(#機能)。 1816年に金本位制を採用した。やがてロスチャイルドが台頭し、各国の外債発行とイングランド銀行の準備金補填に関わった。1870年からピークとなる銀価格低下の時期に、アルフレッド・ド・ロスチャイルドが理事となった。 第一次世界大戦ではJPモルガンが戦時国債の独占代理人を務めた。