皆の本棚にあるタグ「イランアメリカ大使館人質事件」の本

イランアメリカ大使館人質事件
イランアメリカ大使館人質事件(イランアメリカたいしかんひとじちじけん、英語:Iran hostage crisis)は、1979年11月にイランで発生した、アメリカ大使館に対する占拠及び人質事件である。 事件発生へのいきさつ イラン革命 革命前のイランは、パフラヴィー朝国王のモハンマド・レザー・パフラヴィー国王が、アメリカをはじめとする欧米諸国からの支援を元に開発独裁と親欧米化路線をすすめ、並びに西洋化改革の一環として、女性解放をかかげてヒジャブの着用を禁止するなどイランの世俗化を進めた。しかしこれらの政策はルーホッラー・ホメイニーらイスラム法学者の反発を招いた。これに対してパフラヴィー国王はイスラム原理主義者をはじめとする急進派を中心にした反体制派を弾圧、投獄するに至った。このため反体制派はフランスのパリに亡命を余儀なくされていた。 しかし、1970年代中盤に起きたオイルショック後の急速な原油価格の安定化などを受けてイラン経済が不調に陥ったことや、国内の貧富の差が広まったことなどを受けて国王に対する国民の不満が高まったことなどを追い風に、次第に国民からの支持を受けることとなった。