皆の本棚にあるタグ「イスラム過激派」の本

イスラム過激派
『イスラーム過激派』より : イスラム過激派またはイスラーム過激派(イスラームかげきは)とは、日本語においては自分たちの理想を「イスラーム」により理論化し、そのような社会の実現を図るために犯罪やテロを行う戦闘的な組織を総称する用語である。日本を含め国際的には、こうした組織は「イスラームの名を使用して主張を実現するために犯罪を実行する過激派(extremist)」とみなされている。この中にはサラフィー・ジハード主義を掲げるアルカーイダ系の組織なども含まれる。95%以上がスンナ派のハンバリー法学派の信徒で占められている。 最近ではイスラーム過激派に対して、ジハード主義(Jihadism)あるいはジハード主義者(Jihadist)という言葉を海外メディアがよく使用している。また日本のメディアでも、例えば時事通信が「ジハーディスト(聖戦主義者)」という表現を用いている。ただし、イスラームにおけるジハードの本来の意味は「奮闘努力」である。 主要な組織 西側の多くの国家から「テロ組織」に指定されている組織とその主な活動地域を以下に記す。