皆の本棚にあるタグ「アーキテクト」の本

アーキテクト
『建築家』より : アーキテクト (architect) は、建設する者、といったような意味の語であり、アーキテクチャという語と密接な関係にある。また、大工のような現場の担当者よりも、設計側のほうを指して使われることが多い。具体的な建造物の他、より抽象的な情報アーキテクチャのような概念に対しても使われることもある。 "arkhi"は英語で chief (主任)(接頭辞archi-も参照)、"tekton"は英語で builder (建築者)の意であることから、「主任建築者」というのが本来の意味である。現在「Architect」は、アメリカ、イギリスを初めとしたいくつかの国で建築設計者の資格名として法定があるため、その資格者以外に使うのは避けられ、別の語が使われる。日本では建築設計者の資格名として「建築士」が法定されているため、資格を持たない者は別の語として「建築家」を使うことがある。 建造物以外の分野の例では、造船技術者をNaval Architect (ネーバル・アーキテクト) と言う。