皆の本棚にあるタグ「アル・カイーダ」の本

アル・カイーダ
『アルカーイダ』より : アル=カーイダ、アルカイダ(アラビア語: القاعدة‎、翻字: al-qāʿidah、英語: Al-Qaeda)は、イスラム主義を標榜するスンナ派ムスリムを主体とした国際的なネットワーク、思想、運動。 1990年代以降、主としてアメリカ合衆国を標的とした数々のテロ行為を実行したとされ、2001年のアメリカ同時多発テロ事件は、世界に大きな衝撃を与えた。 アラビア語で「アル(ال、al)」は定冠詞、「カーイダ(قاعدة、qāʿidah)」は「座る」を意味する動詞「カアダ(قعد, qaʿada)」の派生名詞で「大本」、すなわち「基地・基盤・座」を意味し、英語直訳はThe Base。日本語ではアルカイダと書かれることも多い。外務省の文書には、「アル・カーイダ」「アル・カエダ」「基地」といった名称が紹介されている。 ウサーマ・ビン=ラーディンはアル=カーイダの精神的指導者であり、財力を用いて初期の反米闘争の組織を起ち上げた。アル=カーイダのナンバー2とされていたアイマン・ザワーヒリーはイスラーム神学者。