皆の本棚にあるタグ「アメリカ共産党」の本

アメリカ共産党
アメリカ合衆国共産党 (Communist Party of the United States of America)は、アメリカのマルクス主義政党。2007年現在、党首はサム・ウェッブ(Sam Webb)。週刊紙ピープルズ・ウィークリー・ワールド(People's Weekly World)、月刊誌ポリティカル・アフェアズ(Political Affairs Magazine)を出版している。 1920年代から40年代の労働運動に大きな影響力を有し、反人種差別運動にも尽力した。 ソ連崩壊後は党員の減少と高齢化に苦しんだが、現在のところ推計15000人の党員を維持している。党のHPでは社会保障削減反対、移民の権利拡充、女性への暴力反対などを訴えている。2011年からニューヨークのウォール街で始まり、その後全米へ広がった反資本主義運動「ウォール街を占拠せよ」にも連帯を表明した。2008年と2012年の大統領選挙では、バラク・オバマを推薦し、彼の当選を「人民の勝利」とした。 1919年9月1日、モリス・ヒルキット率いるアメリカ社会党の改良主義的な路線に反対して離党した左派党員により結成。