皆の本棚にあるタグ「アケメネス朝」の本

アケメネス朝
アケメネス朝 haxāmanišiya ペルシアの位置アケメネス朝の版図 紀元前500年時点 アケメネス朝(haxāmanišiya、アケメネスちょう、紀元前550年 - 紀元前330年)は、古代オリエントに存在した王朝・帝国・遊牧国家。 アケメネス朝の名称は、この家祖であるアケメネス(古代ペルシア語: 𐏃𐎧𐎠𐎶𐎴𐎡𐏁 Haxāmaniš ハカーマニシュ、古代ギリシア語: Ἀχαιμένης アカイメネース)に由来する。 海外の文献では、古代ペルシア語の発音に従ったハカーマニシュ朝か、古典ギリシャ語の発音に従ったアカイメネス朝のどちらかを用いている。日本の文献では、アケメネス朝ペルシアやアケメネス朝ペルシャ、アケメネス朝ペルシア王国、アケメネス朝ペルシャ王国、アケメネス朝ペルシア帝国、アケメネス朝ペルシャ帝国とも呼ぶ。なお日本でも、モンゴル帝国史の歴史学者である杉山正明などは、ヨーロッパ中心の歴史観を批判する観点から、ハカーマニシュ朝を用いている。