皆の本棚にあるタグ「ちくま学芸文庫」の本

ちくま学芸文庫
ちくま学芸文庫(ちくまがくげいぶんこ)は、筑摩書房による学術部門の文庫判レーベル。 1992年6月に、ちくま文庫から独立する形で創刊、白カバーを基調とし、大半は毎月4冊で出版。第1巻は、大岡昇平『小説家夏目漱石』(読売文学賞受賞作)。 多様な分野の人文学術書を、入門から、古典・専門書新訳も行っている。また講談社学術文庫や中公文庫での品切後に、改訂再刊した書目もある。ただし性格上定価は高く、初版のみで2-3年で品切となった書目も多数ある(内藤湖南『支那絵画史』など)。 「筑摩叢書」(1963年~1992年で約360冊を刊)の多くを改訂再刊し、重版している著作に『ミメーシス (全2巻)』などある。ちくま文庫判が品切後、新版再刊した書目に、西郷信綱『梁塵秘抄』、吉川幸次郎『漢文の話』、『プルタルコス英雄伝 (全3巻)』などがある。 中国正史(二十四史)の完訳では、『史記』、『漢書』、『三国志』が刊行。 江戸から明治期の史料文献の大著では、『新訂 江戸名所図会 (全6巻)』、『都名所図会 (全5巻)』、『明治事物起源 (全8巻)』、大槻文彦『言海』(復刻版)。