ゆたゆたさんの本棚にある鳥居 民の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,457冊の本を読み終え、342,231ページをめくりました。

鳥居民
鳥居 民(とりい たみ、男性、1929年(昭和4年) - 2013年(平成25年)1月4日)は、日本の歴史作家・評論家。 東京に生まれ、横浜で育つ。本名・池田民。経歴不詳。 ライフワークである『昭和二十年』シリーズは、敗戦の年(1945年)一年間の社会の動きを、重層的に描くドキュメントであり、2008年(平成20年)までに12巻まで刊行されている。 2006年(平成18年)に、第12回「横浜文学賞」を受賞。2012年(平成24年)に、第3回いける本大賞を受賞(特別賞)。 2013年(平成25年)1月4日、心筋梗塞のために死去。84歳没。 著書 『毛沢東五つの戦争――現代中国史論』(草思社、1970年 新版1999年/草思社文庫、2012年) 『周恩来と毛沢東』(草思社、1975年) 『横浜山手――日本にあった外国』(草思社、1977年) 『昭和二十年』(草思社、1985年 -2012年/草思社文庫、2014年12月より順次刊) 「第1部1 (1月1日 - 2月10日)」(1985年) 「第1部2 (2月13日 - 3月19日)」(1986年) 「第1部3 (3月20日 - 4月4日)」(1987年) 「第1部4 (4月5日 - 4月7日)」(1990年) 「第1部5 (4月15日)」(1994年) 「第1部6 (4月19日 - 5月1日)」(1996年) 「第1部7 (5月10日 - 5月25日)」(2001年) 「第1部8 (5月26日 - 5月30日)」(2001年) 「第1部9 (5月31日 - 6月8日)」(2001年) 「第1部10 (6月9日)」(2002年) 「第1部11 (6月9日 - 13日)」(2003年) 「第1部12 (6月14日)」(2008年) 「第1部13 (7月1日‐7月2日)」(2012年) 『日米開戦の謎』(草思社、1991年/草思社文庫、2015年) 『横浜富貴楼お倉――明治の政治を動かした女』(草思社、1997年) 『「反日」で生きのびる中国――江沢民の戦争』(草思社、2004年/草思社文庫、2013年) 『原爆を投下するまで日本を降伏させるな――トルーマンとバーンズの陰謀』(草思社、2005年/草思社文庫、2011年) 『近衛文麿「黙」して死す――すりかえられた戦争責任』(草思社、2007年/草思社文庫、2014年) 『山本五十六の乾坤一擲』(文藝春秋、2010年) 『それでも戦争できない中国――中国共産党が恐れているもの』(草思社、2013年) 『鳥居民評論集 昭和史を読み解く』(草思社、2013年/草思社文庫、2016年) 『鳥居民評論集 現代中国を読み解く』(草思社、2014年) 脚注 関連項目 産経新聞。

皆の本棚から鳥居 民の本を探す