ゆたゆたさんの本棚にある高木 清の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,457冊の本を読み終え、342,231ページをめくりました。

高木清秀
高木 清秀(たかぎ きよひで)は、戦国時代の武将。織田氏、徳川氏の家臣。家紋は「高木鷹の羽」。 生涯 織田家臣時代 水野信元に属し、尾張緒川に住す、と「寛永伝」にあるが、元来は三河の出身という。 若年の頃、信元の下を去って織田信秀に属し、天文17年(1548年)の小豆坂の戦いで高名という。 その後、再び信元に属し、刈屋の戦い、石瀬の戦い、姉川の戦い、長島攻め、長篠の戦いなどに従軍。 特に石瀬の戦いでは大功を立てたという。清秀は、石瀬合戦で家康の重臣石川数正と七度にわたり槍を交えた。 永禄六年(1563年)秋に三河一向一揆が蜂起し、家康は苦戦を強いられる。信元は甥家康を救援するために出馬し、これに従った清秀は一揆勢を相手に奮戦、浅手を負った。一揆を鎮圧した家康は、翌七年(1564年)6月、清秀が水野家に属しているのもかかわらず、高木氏の故地三河大岡郷領知の判物を与え、その働きを賞した。 天正二年七月、伊勢長島の一向一揆攻めに出陣し、先頭を進み、敵陣に切り込んで一揆の主魁盛林坊を討ち取って武名を響かせた。

皆の本棚から高木 清の本を探す

  • 昭和の美人女優

    [未評価] 20110310第1刷発行 Amazon古書 著者 高木清 塩澤幸登 マガジン…

    [総ページ数:384] 2014/08/15 16:57:27更新