ゆたゆたさんの本棚にある飯嶋 和一の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,409冊の本を読み終え、326,845ページをめくりました。

飯嶋和一
飯嶋 和一(いいじま かずいち、1952年12月20日 - )は、日本の小説家。ジャンルは主に歴史小説。 来歴・人物 山形県生まれ。法政大学文学部卒業。中学校教諭、予備校講師などを経て執筆活動に専念。これまで刊行された長編作品は文芸誌の連載ではなく、全て書き下ろしの小説である。2009年8月から刊行されている小学館の「STORYBOX」に、初めての連載となる『狗賓童子の島』を執筆している。2012年5月に連載終了後、翌月号より新連載『灯守り』が始まる。さらに、新潮社発行の月刊小説誌「小説新潮」の2009年10月号より『星夜航行』が連載中である。 「史料を読み込むと書き手の視点に引っ張られるため、視点を変えることが大事」との姿勢を持ち、権力者ではなく民衆や在野の主人公からの視点で描いた作品が多い。 受賞歴 1983年、『プロミスト・ランド』で第40回小説現代新人賞。 1988年、『汝ふたたび故郷へ帰れず』で第25回文藝賞。 2000年、『始祖鳥記』で第6回中山義秀文学賞。 2008年、『出星前夜』で第35回大佛次郎賞。

皆の本棚から飯嶋 和一の本を探す

  • 雷電本紀 (小学館文庫)

    [未評価] 20050701初版第1刷発行 20140512初版第2刷発行 小学館 小学館文…

    [総ページ数:541] 積ん読1年以上