ゆたゆたさんの本棚にある長部 日出雄の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,417冊の本を読み終え、331,531ページをめくりました。

長部日出雄
長部 日出雄(おさべ ひでお、1934年9月3日 - )は、青森県弘前市出身の小説家、評論家。 故郷である津軽についての小説、エッセイを多数、発表。また津軽出身の棟方志功、太宰治らの評伝を執筆。また、監督した映画『夢の祭り』では津軽三味線に熱中する若者達を描いている。近年は、主に評論作品を発表。かつては左派・左翼だったが、近年は反共右派の立場を鮮明にして、民主党政権を容共として激しく非難している。日本は反共の旗を降ろすなというのが、現在の長部の主な主張である。 ミュージシャンの大友康平は甥。 文章中に繰返し符号「々」を使用しないことが知られている。 1950年 - 青森県立弘前高等学校入学。 1953年 - 早稲田大学文学部哲学科に入学する。(のち、早稲田大学中退) 1957年 - 『週刊読売』記者となる。大島渚、永六輔、野坂昭如、筒井康隆、小林信彦らをいち早く評価し、彼らと交友する。 その後退職し、雑誌『映画評論』編集者、映画評論家・ルポライターを経て、作家となる。 1973年 - 『津軽じょんから節』と『津軽世去れ節』により、第69回直木賞を受賞。

皆の本棚から長部 日出雄の本を探す