ゆたゆたさんの本棚にある鈴木 宗男の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,409冊の本を読み終え、326,845ページをめくりました。

鈴木宗男
鈴木 宗男(すずき むねお、1948年〈昭和23年〉1月31日 - )は、日本の政治家。元衆議院議員(8期、懲役刑確定に伴い2010年〈平成22年〉9月15日に失職)、新党大地代表。衆議院議員の鈴木貴子は長女。 かつては北海道開発庁長官、沖縄開発庁長官などを歴任。地方や弱者を軽視する新自由主義経済政策を強く批判し、ニューディール政策的な公共事業発注により地方経済を回す政策を重視する。又、北海道の自立、アイヌ民族の権利の確立、雇用の確保、北方領土問題の解決等を訴えている。 鈴木宗男事件において最高裁に上告していたが、2010年9月7日付で上告が棄却され、異議申し立ても9月15日付で退けられたため実刑が確定し、議員資格を失いちょうど1年間収監された(詳細は鈴木宗男事件)。 来歴・人物 自由民主党時代 十勝支庁足寄町大誉地出身で保守系がひしめいていた旧北海道5区選出の衆議院議員であった、中川一郎の秘書を務める。

皆の本棚から鈴木 宗男の本を探す

  • 政治の修羅場

    [未評価] 20120620第1刷発行 文藝春秋 文春文庫864 Amazon古書 201…

    [総ページ数:236] 積ん読1年以上