ゆたゆたさんの本棚にある鈴木 光司の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,415冊の本を読み終え、328,482ページをめくりました。

鈴木光司
鈴木 光司(すずき こうじ、1957年5月13日 – )は、日本の作家、小説家、エッセイストである。 静岡県浜松市出身。本名、鈴木 晃司。静岡県立浜松北高等学校、慶應義塾大学文学部仏文科卒業。大学卒業後は専業主夫の傍ら自宅で学習塾を開き1人で全教科を教えながら小説を執筆する。 デビュー作の1990年の『楽園』は、1万年という時を超えた男女の愛を描く壮大なスケールの小説で、日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を得た。『リング』は横溝正史ミステリ大賞最終候補まで残り、映像化され、ホラーブームの火付け役となった。その続編である『らせん』は1995年、第17回吉川英治文学新人賞を受賞した。 『リング』・『らせん』は映画化され大ヒットし、リングシリーズとして『リング2』、『リング0 バースデイ』が製作された。『リング』はのちに米国で『ザ・リング』としてリメイクされて話題となった(リメイクが決定した際、米国では鈴木光司を「日本のスティーブン・キング」と表して紹介された)。

皆の本棚から鈴木 光司の本を探す

  • 家族の絆

    [未評価] 19980812第1版第1刷発行 PHP研究所 Amazon古書 201901…

    [総ページ数:201] 積ん読17日