ゆたゆたさんの本棚にある鈴木 健二の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,417冊の本を読み終え、331,531ページをめくりました。

鈴木健二
鈴木 健二(すずき けんじ、1929年1月23日 - )は、日本のフリーアナウンサー。元NHKアナウンサー。 『歴史への招待』や『クイズ面白ゼミナール』などの司会者として高視聴率を叩き出したことで知られる。 著作も多く、『気くばりのすすめ』はベストセラーになった。 NHKのエグゼクティブアナウンサー(理事待遇)になり、1988年にNHKを定年退職した後、熊本県立劇場の館長に就任し、伝承芸能の復元などにつとめ、平成10年には青森県立図書館および青森近代文学館の館長に就任した。 兄は映画監督の鈴木清順。 本所区出身、生粋の江戸っ子。第一東京市立中学、旧制弘前高等学校から旧制東北大学へと進学。文学部美学美術史学科を卒業。(その時の同級生に第15代NHK会長・島桂次がいた。) 卒業後は画家を目指していたが、たまたま友人に誘われて受験したNHK採用試験に合格した。鈴木は「志望者数が一番少ない職種」を希望したが、それがアナウンサーであった。当時はラジオがメインの時代であり、アナウンサーを志望する者が非常に少なかった。

皆の本棚から鈴木 健二の本を探す