ゆたゆたさんの本棚にある金 完燮の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,417冊の本を読み終え、331,531ページをめくりました。

金完燮
金 完燮(김완섭、キム・ワンソプ、1963年 - )は、韓国人評論家・作家・教育家・言論人。光州広域市生まれ。サレジオ高校-ソウル大学中退。光州事件の市民軍に参加した。 1980年 - 光州民主化運動(→光州事件)に市民軍として参加し、全羅道庁に篭城。のちに、国家偉功者として顕彰される。 1982年 - ソウル大学物理学部に入学。 1989年 - 雑誌編集記者になる。 1995年 - 「娼婦論」出版、韓国でベストセラーとなる。 1996年 - オーストラリアに移住して、以後対日観が変わる。 1998年 - 韓国に帰国。『コスタク新聞』を創刊、編集主幹になる。 1999年 - 親日関連著作で名誉毀損罪で有罪となる。 2002年 - 日本で『親日派のための弁明』が出版される。 2003年2月14日 - 「日帝の韓国支配と明成皇后暗殺を美化する本を書き、インターネットに関連の文章を掲載した」容疑でソウル高等裁判所から700万ウォンの罰金刑を命じられる。

皆の本棚から金 完燮の本を探す