ゆたゆたさんの本棚にある野田 俊作の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,411冊の本を読み終え、327,818ページをめくりました。

野田俊作
野田 俊作(のだ しゅんさく、1888年(明治21年)5月14日 – 1968年(昭和43年)7月27日)は、日本の政治家、実業家。衆議院議員、貴族院議員、参議院議員、福岡県知事。 来歴・人物 福岡県出身。衆議院議員・野田卯太郎の長男として生まれる。1913年(大正2年)、東京帝国大学法科大学経済学科を卒業。南満州鉄道に入社した。 1924年(大正13年)5月の第15回総選挙で千葉県第九区から政友会公認で出馬して初当選。1927年(昭和2年)に父が死去すると、翌年2月の第16回総選挙では父の地盤だった福岡県第三区から出馬し当選。以後1937年(昭和15年)4月の第20回総選挙まで連続6回の当選を果した。この間犬養内閣の鉄道参与官、鉄道会議議員、廣田内閣の司法政務次官、政友会総務などを歴任する。 戦後は1946年(昭和21年)1月に福岡県の官選知事に就任し、同年10月まで在任。同年3月には貴族院勅選議員に勅任され、研究会に属して1947年(昭和22年)5月の貴族院廃止までこれを務めた。

皆の本棚から野田 俊作の本を探す