ゆたゆたさんの本棚にある野々村直通の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,457冊の本を読み終え、342,231ページをめくりました。

野々村直通
野々村 直通(ののむら なおみち、1951年12月14日 - )は、島根県出身の教育評論家・画家で、現在は吉本興業(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属。 元高等学校教員(美術科教諭)、元野球指導者(2011年度迄)。 島根県立大東高等学校から広島大学(学校教育学部美術科)に進学。硬式野球部では2年時に広島六大学の首位打者を獲得。4年時は主将として全日本大学野球選手権大会に初出場。四番・一塁手で出場した初戦で同志社大学に11-0で敗れた。 大学卒業後に広島県立府中東高校に赴任し1978年秋の中国大会で準優勝し、翌年の第51回選抜高等学校野球大会の出場校に選出され監督として甲子園初出場を果たした。その後帰郷し松江日大高校の監督を経て松江第一高校(後に開星高校)の教員となり1988年4月に野球部を創部し初代監督に就任した。創部6年目の1993年に夏の第75回全国高等学校野球選手権大会に初出場。 1998年秋の中国大会で島根県勢としては1965年の邇摩高校以来33年ぶりの優勝を果たし神宮大会に出場したが、後に野球部員2人が高野連の定める大会参加資格規定に違反していたとして2人が出場した大会の記録を無効とした。

皆の本棚から野々村直通の本を探す