ゆたゆたさんの本棚にある遠藤 浩一の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,457冊の本を読み終え、342,231ページをめくりました。

遠藤浩一
遠藤 浩一(えんどう こういち、1958年 - 2014年1月4日)は、 日本の評論家。拓殖大学大学院地方政治行政研究科教授、同大学日本文化研究所所長、国家基本問題研究所理事、日本国際フォーラム政策委員を務めた。専門は日本政治史。 石川県金沢市出身、駒澤大学法学部卒業。 叔父の遠藤欣之助(民社研『改革者』誌を編集)と指導教授だった高橋正則の影響を受け民社党職員となる。党本部では月刊誌委員会編集部長、広報部長等を務めた。反共主義の立場を取り、日本社会党には批判的であった。 1989年、第15回参議院議員通常選挙で民社党が敗北し、社会党が大勝した。この時点の民社党執行部は社会・公明・民社の「社公民」協力態勢を取っていたが、消費税に反対ではなく、より「現実的」な修正案を出すべきとの姿勢を取っていた遠藤は、社会党と距離を置くように主張したが却下された(翌年の第39回総選挙で民社党が惨敗すると、反社公民の大内啓伍が委員長となり、社公民路線とは距離を置くことになった)。

皆の本棚から遠藤 浩一の本を探す