ゆたゆたさんの本棚にある西舘 好子の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,411冊の本を読み終え、327,818ページをめくりました。

西舘好子
『西舘代志子』より : 西舘 代志子(にしだて よしこ 1940年10月 - )は日本の評論家、緑化運動家。旧名西舘好子、井上好子。近年は再び西舘 好子名義で活動している。「NPO日本子守唄協会」理事長。 旧姓名内山好子として東京市浅草区鳥越のかもじ職人の次女に生まれ、文学に親しんで育つ。 大妻中学校・高等学校卒業後は電通に勤めていたが、1961年12月、井上ひさしと結婚。1963年に長女、1965年に次女、1966年に三女を出産。 1983年1月、こまつ座誕生に伴い、こまつ座の運営に参加。1984年4月、こまつ座旗揚げ公演『頭痛肩こり樋口一葉』の台本が遅れたことから井上と不和になり、こまつ座舞台監督の西舘督夫と親しくなる。 1984年5月、『the 座』誌編集長就任。1985年暮、井上家を出る。1986年6月、井上と離婚。離婚記者会見の際の発言「自分に正直に生きたい」は流行語となる。この頃、『ペントハウス』からヌードモデルにならないかと誘われ断っている。離婚後は正論などフジサンケイグループの著作物の寄稿常連となる。 1987年3月、西舘督夫と再婚。二人で劇団「みなと座」を旗揚げしたが、16公演で解散。

皆の本棚から西舘 好子の本を探す