ゆたゆたさんの本棚にある藤沢 周の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,457冊の本を読み終え、342,231ページをめくりました。

藤沢周
藤沢 周(ふじさわしゅう、1959年1月10日 - )は日本の小説家、法政大学教授。 新潟県西蒲原郡内野町(現・新潟市西区)出身。新潟明訓高等学校、法政大学文学部卒業。書評誌『図書新聞』編集者などを経て1993年『ゾーンを左に曲がれ』(『死亡遊戯』と改題)でデビュー。1998年『ブエノスアイレス午前零時』で第 119 回芥川賞受賞。日本文学協会に所属する研究者。2004年より母校・法政大学経済学部の教授に就任し、「文章表現」「日本文化論」などを講じている。直木賞作家の藤沢周平とは、名前は似ているが無関係で、藤沢周平がペンネームであるのに対し、藤沢周は本名である。 著書 『死亡遊戯』(1994、河出書房新社)のち文庫 『SATORI』(1995、河出書房新社)のち文庫 『刺青』(1996、河出書房新社)のち文庫 『ソロ』(1996、講談社)のち文庫 『サイゴン・ピックアップ』(1997、河出書房新社)のち文庫 『境界』(1998、講談社) 『ブエノスアイレス午前零時』(1998、河出書房新社)のち文庫 『スミス海感傷』(1998、集英社)のち文庫 『陽炎の。

皆の本棚から藤沢 周の本を探す