ゆたゆたさんの本棚にある花田 紀凱の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,457冊の本を読み終え、342,231ページをめくりました。

花田紀凱
花田 紀凱(はなだ かずよし、1942年9月13日 - )は、日本の雑誌編集者。ワック・マガジンズ元取締役、月刊『WiLL』元編集長。現在は飛鳥新社の雑誌『月刊Hanada』編集長を務める。 経歴・人物 東京都生まれ。東京都立千歳高等学校(現東京都立芦花高等学校)、東京外国語大学外国語学部英米語学科卒業。 文藝春秋時代 1966年に文藝春秋入社。『オール讀物』編集部に配属され、池波正太郎、五味康祐、瀬戸内晴美、藤原審爾などを担当。1968年11月に『週刊文春』編集部へ異動。以降基本的に『週刊文春』編集部と『文藝春秋』編集部を行き来し、『Emma』編集部にも創刊準備期間を含めて1年半ほど在籍。 1988年に『週刊文春』の編集長に就任した後は、タカ派の論調を展開。『週刊文春』を週刊誌売上トップへと育て上げ、積極的なテレビ出演で顔と名前が広く知られるようになる。コラムニストの勝谷誠彦は文藝春秋時代の部下であり、勝谷が取材した女子高生コンクリート詰め殺人事件では、編集長として少年法に抵触する事を承知の上で、加害少年の実名報道にゴーサインを出し、大きな議論を呼んだ。

皆の本棚から花田 紀凱の本を探す