ゆたゆたさんの本棚にある百地 章の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,415冊の本を読み終え、328,482ページをめくりました。

百地章
百地 章(ももち あきら、1946年10月4日 - )は、日本の法学者。専攻は憲法学。日本大学法学部教授。国士舘大学大学院客員教授。 静岡県周智郡森町出身。学生時代は民族派の運動に参加し(党派未詳)、1969年に全国学生自治体連絡協議会が結成された際同時に京都商工会議所大ホールで開催された、全日本学生文化会議の第1回全国大会「日本の文化と伝統を護る学生の集い」では大会実行委員長を務めるなどした。 また、宗教法人生長の家の分派が発行していた機関誌「谷口雅春先生を学ぶ」の編集人なども務めた。朝日新聞では、百地が学生時代に宗教法人生長の家で活動していた、との証言も報道されている。 その他、安倍晋三のブレーンとして挙げられることもある。 主張 保守的な学説を展開している。保守系政治組織日本会議の政策委員も務めていた。 皇位継承問題に関しては、男系による皇統護持を主張し、女系となる女性宮家創設の動きを批判している。 国旗国歌問題では教職員組合の反対を“妨害活動”と批判している。 憲法改正論議においては改憲の立場をとる。

皆の本棚から百地 章の本を探す