ゆたゆたさんの本棚にある渡邊 恒雄の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,457冊の本を読み終え、342,231ページをめくりました。

渡邊恒雄
『渡邉恒雄』より : 渡邉 恒雄(わたなべ つねお、1926年〈大正15年〉5月30日 - )は、日本の新聞記者、実業家。株式会社読売新聞グループ本社代表取締役会長・主筆。勲等は旭日大綬章。「ナベツネ」の通称で知られる。 株式会社読売新聞社社長、球団オーナー、株式会社読売ジャイアンツ取締役最高顧問、社団法人日本新聞協会会長などを歴任した。 自ら「俺は最後の独裁者だ」と語ったとされ、メディアにおいて「独裁者」と呼ばれていることについては渡邉自身が認めている。他に「メディア界のドン」「政界フィクサー」とも呼ばれている(詳細は後述)。 生い立ち〜学生時代 生い立ち 東京府豊多摩郡(後の東京都杉並区)出身。父は平吉、母は花。五人姉弟の三番目で長男である。 1934年(昭和9年)、恒雄が8歳の時、不動貯金銀行(旧協和銀行の前身、現:りそな銀行)に勤めていた父・平吉が東京・杉並区の自宅玄関で突然吐血、胃癌で1週間後に死去した。

皆の本棚から渡邊 恒雄の本を探す