ゆたゆたさんの本棚にある清武 英利の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,411冊の本を読み終え、327,818ページをめくりました。

清武英利
清武 英利(きよたけ ひでとし、1950年10月12日 - )は、日本のジャーナリスト、元プロ野球チーム経営者、元読売巨人軍取締役球団代表、同編成本部長、ゼネラルマネージャー、オーナー代行。元NPB選手関係委員会委員長。宮崎県宮崎市出身。 経歴・人物 宮崎県立宮崎南高等学校を経て立命館大学経済学部卒業後、1975年読売新聞社入社。東京本社社会部次長時代に、第一勧業銀行総会屋事件や山一證券の破綻などをスクープ。 2001年、中部本社社会部長。2002年、東京本社編集委員。2004年、東京本社編集局運動部長。 2004年8月、読売巨人軍取締役球団代表(局次長相当)・編成本部長に就任。巨人軍球団代表として、当時の生え抜き選手の育成が進んでいないことに危機感を抱き広島東洋カープの鈴木清明からのアドバイスをヒントに育成選手制度を創設。それまでの補強に頼るチーム作りからの脱却を図った。実際、この制度で入団した選手らが、後の2007年からのリーグ3連覇(90年代後半~2000年代前半はリーグ連覇は一度も無かった)や日本シリーズ制覇に貢献した。

皆の本棚から清武 英利の本を探す

  • 巨魁

    [未評価] 20120326 初版 20120405 第2刷

    [総ページ数:340] 2013/05/31 00:08:47更新