ゆたゆたさんの本棚にある浄土真宗本願寺派の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,416冊の本を読み終え、331,371ページをめくりました。

浄土真宗本願寺派
浄土真宗本願寺派(じょうどしんしゅうほんがんじは)は、浄土真宗の一派。 宗祖親鸞の墓所である「大谷廟堂」を発祥とする「本願寺」(「西本願寺」)を本山とする。包括関係にある末寺数は10497寺を数える。信者数約694万人は浄土真宗(真宗)の各宗派中最大であり、また、仏教系の宗教法人の中でも最大数を誇っている。宗教法人全体でも、神社本庁についで2番目に多い(2000年12月31日現在)。 明治時代の初期に、西欧の三権分立をまね、立法(宗会)・行政(宗務所)による施策決定システムを持っている。これは、明治政府の構築のモデルともなった。 現在でも、浄土真宗本願寺派宗法に基づいて、宗務の執行機関である合議制機関「総局」(総長及び総務で構成する。)、立法及び議決機関「宗会」、教義に関する門主の諮問機関「勧学寮」、法規上の訴え、懲戒、係争又は紛争、秩序保持並びに財産の管理及び経理の運営に関する審判と監査機関である「監正局」と国家類似の権力分立の形式を採用している。

皆の本棚から浄土真宗本願寺派の本を探す