ゆたゆたさんの本棚にある水道橋博士の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,457冊の本を読み終え、342,231ページをめくりました。

水道橋博士
水道橋 博士(すいどうばし はかせ、1962年8月18日 - )は、お笑い芸人で浅草キッドのメンバーである。本名は小野 正芳(おの まさよし)。 岡山県倉敷市出身。オフィス北野所属。身長161cm、体重53kg。 漫才師、コメンテーター、ライターとして雑誌にコラムやエッセイの執筆などを行っている。 岡山県の紙問屋の次男として生まれる。岡山大学教育学部附属中学校に進学。だが、勉強する意欲が起きなくなり、落ちこぼれる。中学校同級生にザ・クロマニヨンズの甲本ヒロト、オウム真理教の中川智正がいる。 中学時代に、竹中労の著作を読んだことで、ルポ・ライターに憧れる。また、ブルース・リーや『空手バカ一代』などに大きな影響を受ける。 岡山県立倉敷青陵高等学校に入学。15歳から16歳で過敏性大腸症候群を患い1年留年。青春であるこの時期自分が何者なのか将来何者になるのか閉塞感と絶望で葛藤のはけ口を自慰行為、映画鑑賞に費やす中、少年期を過ごし同級の誰とも口を全く聞かず、19歳の高校3年生のときに始まったラジオ番組『ビートたけしのオールナイトニッポン』を聞き始めてビートたけしに心酔。

皆の本棚から水道橋博士の本を探す

  • 藝人春秋

    [未評価] 20121205 第1刷

    [総ページ数:326] 2016/01/02 10:15:49更新