ゆたゆたさんの本棚にある植村 和秀の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,409冊の本を読み終え、326,845ページをめくりました。

植村和秀
植村 和秀(うえむら かずひで、1966年 - )は、日本の政治学者。専門は、政治思想史、ナショナリズム論。京都産業大学法学部教授。 京都府京都市生まれ。東大寺学園高校を経て1988年京都大学法学部卒業。 1988年京都大学法学部助手、1992年京都産業大学法学部講師、1997年同助教授を経て、2004年から教授。 合同会社植村文庫業務執行社員。 出演テレビ 日本人は何を考えてきたのか(NHK、2013年1月20日) - 福岡伸一(青山学院大学)、藤田正勝(京都大学教授)と共に 著作 単著 『丸山真男と平泉澄――昭和期日本の政治主義』(柏書房[パルマケイア叢書]、2004年) 『「日本」への問いをめぐる闘争――京都学派と原理日本社』(柏書房[パルマケイア叢書]、2007年) 『昭和史の教訓と現在の中国——国家理性の危機』(植村文庫、2008年) 『昭和の思想』(講談社選書メチエ、2010年) 『日本のソフトパワー: 本物のが世界を動かす』(創元社、2012年) 共編著 (河原祐馬)『外国人参政権問題の国際比較』(昭和堂、2006年) 共著 (野田宣雄、瀧井一博、佐藤卓己、野村耕一、竹中亨)『よみがえる帝国―ドイツ史とポスト国民国家』(ミネルヴァ書房、1998年) (芹沢一也、荻上チキ、中島岳志、片山杜秀、高田里惠子、田中秀臣)『日本思想という病』(光文社[SYNODOS READINGS]、2010年) 共訳 ヘルムート・クヴァーリチュ編『カール・シュミットの遺産』(風行社、1993年) ジョージ・モッセ『フェルキッシュ革命――ドイツ民族主義から反ユダヤ主義へ』(柏書房[パルマケイア叢書]、1998年) 参考文献・出典 植村和秀『日本のソフトパワー: 本物のが世界を動かす』(創元社、2012年) 外部リンク 京都産業大学法学部専任教員紹介植村和秀 京都産業大学大学院法学研究科教員紹介植村和秀 植村文庫 日本人は何を考えてきたのか。

皆の本棚から植村 和秀の本を探す