ゆたゆたさんの本棚にある柄谷行人の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,411冊の本を読み終え、327,818ページをめくりました。

柄谷行人
柄谷 行人(からたに こうじん、1941年8月6日 - )は日本の哲学者、思想家、文学者、文芸評論家。本名は柄谷 善男(よしお)。兵庫県尼崎市出身。 筆名は夏目漱石の小説『行人』にちなむ、と一般に言われるが、本人は否定。「kojin」という語感と響きから偶然に思いついたという。 「国家」「資本」「ネーション」とは区別されるものとして、近年では「アソシエーション」という言葉を強調している。それにもとづき、2000年6月にはNAM(New Associationist Movement)を立ち上げる(2003年1月解散)。 1960 - 70年代 1969年、夏目漱石を主題とした「意識と自然」で第12回群像新人文学賞評論部門を受賞。文芸批評家としてのキャリアをスタートさせる。20代の柄谷は、吉本隆明を高く評価していたことが初期論文の「思想はいかに可能か」や「心理を越えたものの影」からうかがわれる。また、評論に夏目漱石を選んだのは、『漱石とその時代』等の漱石論・保守派的な論客で知られる江藤淳に読んでもらいたかったからだという。

皆の本棚から柄谷行人の本を探す