ゆたゆたさんの本棚にある松浦 光修の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,457冊の本を読み終え、342,231ページをめくりました。

松浦光修
松浦 光修(まつうら みつのぶ、1959年(昭和34年) - )は、日本の歴史学者。皇學館大学文学部国史学科教授。専門は日本思想史。「大国隆正の研究」により國學院大學から博士(神道学)。 熊本県熊本市出身。九州学院高等学校卒業。皇學館大学文学部国史学科及び大学院博士課程文学研究科(日本思想史専攻)卒業。 専門の日本思想史の研究のかたわら、歴史、宗教、教育、社会に関する評論、また随筆などを執筆。 新しい歴史教科書をつくる会理事であったが2006年4月をもって辞任。その後は、「日本教育再生機構」で代表委員を務めている。 著書 単著 『大国隆正の研究』(大明堂、2001) 『やまと心のシンフォニー』(国書刊行会、2002) 『いいかげんにしろ日教組-われ「亡国教育」と、かく闘えり』(PHP研究所、2003) 『夜の神々』(慧文社、2005) 『孝明天皇の祈りと吉田松陰』(スタジオ・フローラ、2006) 『「うひ山ぶみ」-その学問論の現代的意義』(スタジオ・フローラ、2006) 『日本の心に目覚める五つの話』(明成社、2010) 『日本は天皇の祈りに守られている』(致知出版社、2013) 編著 『増補 大国隆正全集』全8巻(国書刊行会、2001) 共著 『名画にみる国史の歩み』(近代出版社、2000)※小堀桂一郎監修 『高等学校最新日本史』(明成社、2003)※2002年4月 文部科学省検定済教科書 (渡部昇一・八木秀次)『日本を虐げる人々-偽りの歴史で国を売る徒輩を名指しで糺す』(PHP研究所、2006) 『日本人として知っておきたい皇室のこと』(PHP研究所、2008) 『日本史の中の世界一』(育鵬社、2009) 『日本人として。

皆の本棚から松浦 光修の本を探す