ゆたゆたさんの本棚にある東中野 修道の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,457冊の本を読み終え、342,231ページをめくりました。

東中野修道
東中野 修道(ひがしなかの しゅうどう(おさみち)、1947年10月19日 - )は、日本の歴史学者。亜細亜大学法学部法律学科教授。学位は文学博士(論題は「東ドイツ国家安全省に関する研究」立正大学、1995年)。鹿児島県出身。米国ベリンハム名誉市民。 吉田松陰をはじめとする幕末政治思想の研究など、専門は日本思想史・東ドイツ史だが、元日本「南京」学会会長であり、「南京大虐殺」問題の研究者でもある。 1971年 鹿児島大学法文学部西洋史学科卒業 1977年 大阪大学大学院文学研究科西洋史学専攻博士課程修了 1979年 亜細亜大学教養部助手 1980年 亜細亜大学教養部講師 1983年 亜細亜大学教養部助教授 1985年 米国西ワシントン大学客員教授(日本思想史) 1988年 旧西ドイツハンブルク大学客員研究員 1994年 亜細亜大学教養部教授 2001年 亜細亜大学法学部法律学科教授(政治思想史、日本思想史) 2010年 亜細亜大学大学院法学研究科委員長 活動 1998年、展転社から『「南京虐殺」の徹底検証』を上梓、“今まで「南京大虐殺」の証拠とされている資料は全て捏造であり「南京虐殺」は無かった”と主張した。

皆の本棚から東中野 修道の本を探す