ゆたゆたさんの本棚にある村瀬 学の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,409冊の本を読み終え、326,845ページをめくりました。

村瀬学
村瀬 学(むらせ まなぶ、1949年 - )は、日本の児童文化研究者、心理学者、同志社女子大学教授。 京都市出身。同志社香里高等学校を経て1973年同志社大学文学部(哲学)卒。高校時代からセーレン・キェルケゴールを読み、大学の卒論でもキェルケゴールを論じた。      大阪府交野市の心身障害児通所施設あすなろ園職員を経て、同志社女子大学教授。第34回日本児童文学学会奨励賞受賞。    著書 『初期心的現象の世界 理解のおくれの本質を考える』大和書房 1981 のち大和選書、洋泉社NC新書  『理解のおくれの本質 子ども論と宇宙論の間で』大和書房 1983 のち大和選書 『子ども体験』大和書房 1984 『小さくなあれ』大和書房 1985 『新しいキルケゴール 多者あるいは複数自己の理論を求めて』大和書房 1986 『夢ってなんだろう』杉浦範茂絵 福音館書店 1986 のちたくさんのふしぎ傑作集で再版 - 1988年度カタロニア賞受賞。

皆の本棚から村瀬 学の本を探す