ゆたゆたさんの本棚にある村上 陽一郎の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,409冊の本を読み終え、326,845ページをめくりました。

村上陽一郎
村上 陽一郎(むらかみ よういちろう、1936年9月9日 - )は、日本の科学史家・科学哲学者、東京大学・国際基督教大学名誉教授。 専門は物理学史であり、『ペスト大流行』で感染症を解決しようと試みる科学者の試行錯誤を描き出しただけでなく、科学哲学の考察を加えた。「安全学」という言葉を作り、関連著書を出版している。 カトリック教徒。高校時代からチェロを演奏し、アマチュア・オーケストラでの在籍・演奏経験があるためクラシック音楽に関する造詣も深い。青木十良の門下生である。2008年3月に東京の紀尾井ホールで開催した国際基督教大学の退任記念コンサートでは、交流がある美智子皇后も会場に訪れた。 東京都立日比谷高等学校を卒業。1962年東京大学教養学部科学史科学哲学分科卒業。1968年同大学院人文科学研究科比較文学比較文化専攻博士課程単位取得満期退学。1965年上智大学理工学部助手、1971年同助教授、1973年東京大学教養学部助教授、1986年同教授、1989年東京大学先端科学技術研究センター教授、1992年同工学部教授兼任、1993年同先端科学技術研究センター長。

皆の本棚から村上 陽一郎の本を探す