ゆたゆたさんの本棚にある岸田 秀の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,457冊の本を読み終え、342,231ページをめくりました。

岸田秀
岸田 秀(きしだ しゅう 1933年12月25日-)は、日本の心理学者、精神分析学者、思想家、エッセイスト、和光大学名誉教授。主著に『ものぐさ精神分析』。翻訳書も多数著している。新しい歴史教科書をつくる会の賛同者として、産経新聞にコメントを寄せたことがある。妻の由美は、文化人類学者の船曳建夫の実姉。 年譜 香川県善通寺町(現・善通寺市)に生まれる。1946年、香川県尋常中学校(旧制)に入学。1948年、学制改革により同中学校は香川県立丸亀高等学校となる。中学、高校時代は友人と新体詩をつくることに熱中する。1952年3月、丸亀高校を卒業。1956年3月、早稲田大学文学部心理学科を卒業。1959年、同大学大学院修士課程修了。その後、ストラスブール大学大学院留学。岸田の弁によれば、同大学院を「卒業」したと思っていたが博士号取得の有無を確認していないという。 1972年、和光大学助教授に就任。1976年、同大学教授に就任。2004年、同大学を定年退職。 雑誌『現代思想』『ユリイカ』によって思想界にデビュー。1977年に上梓した『ものぐさ精神分析』はベストセラーとなり話題となる。

皆の本棚から岸田 秀の本を探す