ゆたゆたさんの本棚にある岩田 規久男の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,457冊の本を読み終え、342,231ページをめくりました。

岩田規久男
岩田 規久男(いわた きくお、1942年10月3日 - )は、日本の経済学者。上智大学名誉教授。日本銀行副総裁。 専門は、金融論・都市経済学。小宮隆太郎の弟子。リフレ派経済学者の第一人者として知られており、学習院大学教授時代、積極緩和派の急先鋒として鋭い弁舌で知られていた。また日本銀行に批判的な論客として知られていた。日銀の国債買いオペレーション、インフレターゲット、日銀法改正、規制緩和を主張している。 岩田が主催する「昭和恐慌研究会」では、日本の昭和恐慌の原因について研究している。 大阪府出身。東京都立小石川高等学校、東京大学経済学部卒業。同大学卒業後、都市銀行に就職したが、4カ月で退職している。 1973年東京大学大学院経済学研究科博士課程退学後、上智大学経済学部専任講師に就任。1976年に同助教授に昇格、1977年から1979年までカリフォルニア大学バークレー校客員研究員、1983年に上智大学経済学部教授に昇格。1998年に同大学名誉教授の称号を得て、学習院大学経済学部教授に就任。2007年から2008年まで学習院大学経済学部長を歴任。

皆の本棚から岩田 規久男の本を探す