ゆたゆたさんの本棚にある岡 南の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,457冊の本を読み終え、342,231ページをめくりました。

岡南
ファイル:Kounan town 2.JPG 270px thumb 並木町から築港方面を望む
岡南(こうなん)は、岡山県岡山市南区 (岡山市) 南区北東部に位置し、南を児島湾と児島湖、東を旭川、西を笹ヶ瀬川等に囲まれた地域の通称である。
当地区の多くは児島湾干拓により埋立造成され、高度成長期に岡山県南新産業都市に指定され港湾・鉄道・道路・空港等の社会資本の整備が行われた臨海工業地区である。現在の人口はおよそ6万人に達し、警察や消防に金融機関や医療機関といった都市機能も備えている。児島湾を臨む平坦な埋立地で占められ、築港・沿岸部の工業地区、西部の浦安一帯の農業地区、内陸部は住宅が混在する準商業地区に大きく分けられる。
当地区に定められた境界線はなく、「岡南」とは「岡山市中心市街地から南の地域」を意味する。文献や地元メディアでの区域の扱いも様々で、北を芳田・青江・福富などの岡山バイパス沿線まで含む説、また広域では南を児島湾対岸の児島地区(南区役所児島地域センター管轄、光南台地区)も含む説もある。


皆の本棚から岡 南の本を探す