ゆたゆたさんの本棚にある小泉 義之の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,417冊の本を読み終え、331,531ページをめくりました。

小泉義之
小泉 義之(こいずみ よしゆき、1954年 - )は、日本の哲学者。主に近世哲学から現代哲学(大陸哲学・フランス現代哲学)までを研究対象としている。倫理学、特に生命倫理学に関する研究の他、文化研究においても有名。哲学修士(東京大学)。立命館大学大学院先端総合学術研究科教授。北海道札幌市出身。 北海道札幌市生まれ。 北海道札幌南高等学校卒業。 1988年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程哲学専攻退学。 1990年、宇都宮大学教育学部講師。 宇都宮大学教育学部助教授。 宇都宮大学教育学部教授。 2001年、立命館大学文学部教授。 2002年、立命館大学先端総合学術研究科教授。(現職) 研究 哲学及び倫理学を専攻。現代的生命論を探求し、同時にこれまでの哲学史、古代ギリシア哲学、中世神学、近世哲学、現代思想などに対し批判的歴史的研究を行う。生命観と自然観の再検討を行う研究者である。現代の生命科学及び技術の進展に対応する生命論を目指している。特に初期はルネ・デカルトの研究者として活躍した。デカルト研究の著書は多数ある。のち、ジル・ドゥルーズの代表的研究者としても広く知らるようになる。

皆の本棚から小泉 義之の本を探す