ゆたゆたさんの本棚にある小泉 信三の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,411冊の本を読み終え、327,818ページをめくりました。

小泉信三
小泉 信三(こいずみ しんぞう、1888年(明治21年)5月4日 - 1966年(昭和41年)5月11日)は、日本の経済学者(経済学博士)。東宮御教育常時参与として皇太子明仁親王(今上天皇)の教育の責任者となる。1933年(昭和8年)から1946年(昭和21年)まで慶應義塾塾長(第7代)。父は第2代慶應義塾塾長(1887年(明治20年) - 1890年(明治23年))や、横浜正金銀行支配人などを歴任した小泉信吉(こいずみ・のぶきち)。 東京市芝区に旧紀州藩士・小泉信吉と千賀の第三子として生まれる。幼少期に父を亡くす。父が福澤諭吉の直接の門下生だった縁で晩年の福澤に目をかけてもらい、幼少時に福澤邸に一家が同居していた時期もあった。横浜本町の横浜小学校を経て、東京府三田に転居し東京府・芝区・御田小学校に転校し卒業。御田小学校から慶應まで同期生として水上瀧太郎がいた。 1910年(明治43年)慶應義塾大学部政治科で福田徳三の指導を受け、卒業。慶應義塾の教員となる。1912年(大正元年9月 に研究のためヨーロッパに留学し、イギリス、フランス、ドイツの各大学で学ぶ。

皆の本棚から小泉 信三の本を探す