ゆたゆたさんの本棚にある家近 良樹の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,457冊の本を読み終え、342,231ページをめくりました。

家近良樹
家近 良樹(いえちか よしき、 1950年(昭和25年)3月 - )は、日本の歴史学者。大阪経済大学経済学部教授。専門は日本近代政治史。幕末史の研究で有名。大分県出身。 1973年(昭和48年)同志社大学文学部卒業。1982年(昭和57年)同大学院文学研究科博士課程文化史学専攻(単位取得満期退学)。1997年「幕末政治と倒幕運動」で中央大学博士(史学)。大阪経済大学講師、助教授を経て、大阪経済大学経済学部教授。 一会桑政権 幕末期の政治状況は従来の薩長と幕府との対立というだけでは説明できないとして、家近は「一会桑政権」と呼ばれる歴史概念を主張している。「一会桑」とはそれぞれ「一」=一橋慶喜、「会」=会津藩主・松平容保、「桑」=桑名藩主・松平定敬のことをさす。従来の薩長史観では見過ごされがちだが、この三者が幕末において果たした役割の再評価を主張している。 著作 単著 『幕末政治と倒幕運動』 吉川弘文館、1995年。ISBN 4-642-03324-6。 『浦上キリシタン流配事件 キリスト教解禁への道』 吉川弘文館〈歴史文化ライブラリー〉、1998年。

皆の本棚から家近 良樹の本を探す