ゆたゆたさんの本棚にある安藤 治の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,409冊の本を読み終え、326,845ページをめくりました。

安藤治久
安藤 治久(あんどう はるひさ、1937年4月3日 - )は、静岡県伊豆の国市出身の元プロ野球選手(投手)。 来歴・人物 市立沼津高から大昭和製紙吉原へ進み、1958年都市対抗野球大会での丸善石油の西五十六との延長15回に及ぶ投げ合いなどが注目され、1959年阪急ブレーブス入団。 米田哲也・梶本隆夫の2投手で支えていた低迷期の阪急ブレーブス(通称:ヨネカジコンビ時代)にて、2人に次ぐ年間登板数を重ねていた。 6年間の現役生活の末、1964年シーズンを以って現役引退。 1960年6月12日の西鉄ライオンズ戦で勝利投手になり、これは阪急の歴代右投手があげた1000勝目。 阪急(オリックス)は伝統として右投げの名投手が多く、2005年シーズンまでの通算4360勝のうち、3500勝が右投手によるものである。2000勝目は1976年に山口高志、3000勝目は1995年に野田浩司があげている。 詳細情報 年度別投手成績 背番号 14 (1959年 - 1964年) 脚注 関連項目 静岡県出身の人物一覧 オリックス・バファローズの選手一覧。

皆の本棚から安藤 治の本を探す